就活を通じての出会い

就活、それは自分の人生の土台を固めるための行動に他なりません。
就活は人それぞれの節目で行うべきものではありますが、誰でもそれをいつかやります。
とりわけ、学生の方であれば、今までにアルバイトをする際にお店や会社の面接を受けたことと思います。



その際は簡単な面接をして即採用となったことがあるかと思います。

目的に応じて就活関する情報選びといえばこちらのサイトです。

その一方で正式なものになると、やはり企業側もコストをかけて求人をするわけですから、その工程は当然細分化してきます。
だからこそ、就活をする中で、自分が本当に就職したい企業に行くためにしっかりとした準備が必要です。まずは面接、特にビジネスマンとしての商談に慣れることが必要です。自分自身をTPOに応じてプロモーションしなければいけないのです。だからこそ、自分自身が行きたい、入りたいと思う企業にいきなり応募をするのではなく、できるだけ多業種の企業、もしくは類似業種の企業で面談を重ねる。


どこまでやれば十分かという明確な境界線は難しいですが、就活をできる時期はとにかく長いようでいて短いもので、繰り返しになりますが、学生時代の就活は一度しかありません。

真っ白な状態で行動できるのです。

この時に面接の練習をするのと同時に、楽しみ方をお伝えします。
それはとにかく、たくさんの企業の代表、社長の話を聞いてください。



こういった機会でなければ、社長の考えを直接聞けるチャンスはそうそうないのが実情です。

特に比較的大きい会社、上場している会社では、就業後に直接、企業のトップと話ができる機会はありません。

その企業の雰囲気を知ることも、福利厚生を把握することも大切なことではありますが、その中でも代表の考え方を生で聞けるチャンスを楽しむことでそれ自体が新たなチャンスとの出会いに繋がっていくのです。